〜見た目だけではなく、歯磨きしやすく、
歯を永く使うための咬み合わせを〜

歯並びが悪いと、歯磨きがしにくい、見た目が気になるなどの問題が起こります。また、咬み合わせが悪いと、食べ物が咬みにくい、差し歯、ブリッジなどの歯科治療が難しいなどの問題が起こることがあります。そのような場合、歯を動かすことで改善を行う「歯科矯正治療」も、選択肢のひとつとなります。

治療の目的と方法

上下の大人の前歯が生えてくる頃から治療を検討する事をおすすめしています

主に上顎と下顎の成長のバランスを整えたり、歯の生え変わりがスムーズに行われるように促したりすることが主な目的となります。上下の前歯が生えてくる時期(6〜8才ころ)から、改善すべき問題点がある場合や、治療することで大人の歯の矯正が楽になると予想される場合に治療をお勧めしております。

大人の歯がそろう前の矯正を行うメリット

  • ● 顎の成長を促す、または抑制するなど、骨格的な不調和を改善できるチャンスが増える
  • ● 歯並びや咬み合わせに悪影響を与える癖を改善する適切なタイミングを得やすい
  • ● 成長中に起きる歯並びや咬み合わせの問題を早期に発見し、対策を検討できる
  • ● 矯正歯科医が患者と長期間接することになるので、成長の傾向や性格を把握し、それを考慮した治療を提供しやすい

大人の歯がそろう前の矯正を行うデメリット

  • ● 大人の歯がそろってから治療するよりも全体の通院期間、回数が多くなる可能性がある
  • ● 患者本人のモチベーションによっては、矯正装置の管理、適切な使用ができず、治療効果に乏しいこともある

緊密な噛み合わせを作ることを目的とし、見た目だけではなく、虫歯や歯周病予防にも繋がる治療

ひとつひとつの歯を並べて、緊密な咬み合わせを作ることが目的です。差し歯やブリッジ、インプラント治療などを行いやすい環境を整えるために行う場合もあります。
  • 表側に装置をつける矯正

    最も歴史のあるオーソドックスな治療方法で、適応できる症状の範囲が広い方法です。当院ではなるべく目立たない透明な装置を採用していますが、外からは見えます。
  • 裏側に装置をつける矯正

    歯の裏側に装置をつけるため、基本的に周囲から矯正装置は見えません。歯の裏側の形は表側に比べて、個人差が大きいので、装置をオーダーメイドで作製する必要があるため、コストが掛かります。その分、施術料が高くなってしまいます。
  • マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置を使う矯正
    (マウスピース矯正)

    取り外しが可能な透明なマウスピース型の矯正装置を使う治療方法です。周囲から矯正治療をしていることを気づかれずに治療できますが、1日20時間以上装着する必要があるため、患者様のご協力が欠かせません。現状では歯の移動量が大きい場合には適していないと考えますが、今後の技術進歩により適応範囲が広がると思われます。むし歯のリスクが高い方や、金属アレルギーの方には積極的にお勧めしております。
表側に装置をつける矯正治療 裏側に装置をつける矯正治療 マウスピース矯正
見た目 目立たない装置を付けるが周囲から見える。 基本的に周囲からは見えない。 透明な装置なので、周囲から見えにくい。
装置による異物感
適応可能な症状の範囲 広い やや広い 現状では狭い
むし歯のリスクが高い方への適応 ×
金属アレルギーがある方への適応 ×

治療の流れ

  1. 初診
    院長が診察し、歯並びや咬み合わせ以外の問題が無いか確認します。
  2. 歯科矯正相談
    矯正担当医が診察し、歯並びや咬み合わせでお困りのことを確認し、予想される治療の概要を説明します。
  3. 歯科矯正検査
    お口の中の写真、お顔の写真、CTを含むレントゲン写真の撮影、口腔内スキャナを使った型取りを行います。
  4. 分析
    検査結果をコンピュータ解析し、問題点の抽出、治療目標、治療方法の検討を行います。
  5. 歯科矯正診断
    分析の結果を説明し、患者様ひとりひとりに合わせた治療計画を提案致します。
  6. 動的治療開始
    治療計画に同意いただければ、治療が始まります。

■大人の歯がそろう前の矯正

  1. 動的治療
    (I期治療)
    ・約1ヶ月毎に来院して頂き、歯の動きの確認、矯正装置の調整などを行います。
    ・治療効果の判定、成長の評価を行いながら治療を進めますが、おおよその治療期間は1年から1年半程度です。
  2. 成長観察
    ・当初の目的が達成されたら、約3ヶ月〜1年毎に成長観察を行います。
    ・新たに、大人の歯がそろう前に改善すべき問題が生じた場合は動的治療を再開しますが、追加の施術料はかかりません。
    ・大人の歯が生えそろうころ、(顎の成長が終了するころ)に、ご要望があれば、大人の歯の矯正に移行します。
    特にご要望が無ければ、保定・メンテナンスに移行します。
  1. 保定
    メンテナンス
    ・保定期間中はおよそ3ヶ月毎に保定装置のチェックを行います。
    ・原則、動的治療後2年間は保定を行うことを推奨しております。
    ・保定期間中、保定終了後も、歯科衛生士による3ヶ月毎のメンテナンスを推奨しております。

■大人の歯の矯正

  1. 動的治療
    ・約1ヶ月毎に来院して頂き、歯の動きの確認、矯正装置の調整などを行います。
    ・期間は、患者様ひとりひとりで異なりますが、おおよそ1年半から2年半程度です。
  2. 動的治療終了
    ・歯並び、咬み合わせが改善した後、矯正装置を撤去し、後戻りを防ぐための治療(保定)に移行します。
    ・後戻りを防ぐための保定装置を装着します。
  3. 保定
    メンテナンス
    ・保定期間中はおよそ3ヶ月毎に保定装置のチェックを行います。
    ・原則、動的治療後2年間は保定を行うことを推奨しております。
    ・保定期間中、保定終了後も、歯科衛生士による3ヶ月毎のメンテナンスを推奨しております。

治療のリスク

  1. リスク.1むし歯・歯周病

    矯正装置を装着することで、歯磨きが難しくなり、むし歯や歯周病になる可能性があります。むし歯や歯周病になりやすい方や、上手く歯を磨けていない方は、矯正治療とは別に歯科衛生士によるメンテナンスを受けることを推奨しています。

  2. リスク.2歯ぐきが下がる

    歯を動かすことで、歯の周囲の歯肉(歯ぐき)が下がって、歯の根が露出したり、歯と歯の間の隙間が目立つようになったりする場合があります。なるべく、そのようなことが起こらないように治療計画を立案しますが、もともと歯のでこぼこが著しい場合などは起きやすいです。見た目が気になる場合は歯周病専門医(歯肉を扱うスペシャリスト)と連携し、改善を図ることも可能です。

  3. リスク.3歯の根が短くなる

    歯を動かすと歯根(歯の根)の一部が吸収されます。多くの場合は、問題となることはありませんが、もともと歯根が短い方や、通常よりも歯根が吸収されやすい方では問題となる場合があります。その際は、治療目標の変更を考慮する必要もあります。

  4. リスク.4顎の関節の症状

    歯を動かしている間、一時的に咬み合わせが不安定になることがあります。それに伴い、顎の関節に負担がかかり、口を開けると音が鳴る、痛む、口が開けにくいといった顎関節症の症状が起こる場合があります。多くの場合は、治療が進み、咬み合わせが安定すると改善しますが、顎関節症の治療を要する場合もあります。

  5. リスク.5歯が動きにくい・動かない

    歯の動きやすさには個人差があります。また、非常に稀ですが骨性癒着といって、歯が周りの骨と固着して動かない場合もあります。これらは治療前の検査で予測することが難しく、“動かしてみて分かる”ことも多いです。その際は、治療期間の延長や、治療目標の変更を考慮する必要もあります。

費用

基本的な治療費

1.歯科矯正相談料 初回 ¥2,000
2回目以降 ¥1,000
2.歯科矯正検査・分析・診断料 ¥20,000
3. 歯科矯正施術料 ⅰ 大人の歯がそろう前の矯正 ¥330,000
ⅱ 大人の歯の矯正 表側に装置をつける矯正
¥680,000
裏側に装置をつける矯正
¥1,130,000
マウスピース矯正
¥780,000
ⅲ 部分的な矯正 ¥30,000+¥25,000
×矯正装置を装着する歯の本数
4. 保定装置 ¥50,000
5. 処置・調整・観察料 ⅰ マウスピース矯正以外の動的治療中 1回 ¥5,000
ⅱ マウスピース矯正の動的治療中、成長観察、保定期間中 1回 ¥3,000
*価格はすべて税抜きです
*大人の歯がそろう前の矯正から大人の歯の矯正に移行した場合、大人の歯の矯正の施術料から大人の歯がそろう前の矯正の施術料を差し引きます。

付加的な治療オプションと費用

i.歯科矯正用アンカースクリュー
歯を効率的に動かすために顎の骨に埋める小さいインプラントです。使用することが望ましいと考えられた場合に提案致します。
1本 ¥25,000
ii 埋伏歯に対する開窓牽引手術
稀に大人の歯が様々な理由で埋まったままなかなか生えてこない場合があります。その際は、部分麻酔による手術で、埋まっている歯に矯正装置を付け、矯正治療によって引っ張り出す(牽引する)こともあります。
¥30,000
*価格はすべて税抜きです
  1. 矯正治療専門医による治療

    東京医科歯科大学、同大学大学院出身の日本矯正歯科学会認定医が、東京医科歯科大学、九州歯科大学で教員を経験し、得た知識、技術を総動員して治療いたします。
  2. CT、口腔内スキャナの導入

    歯科用CTにより、最低限の被曝で必要な情報が得られ、治療に反映できます。口腔内スキャナにより、不快な口の中の型取りを行わないで治療することも可能です。
  3. 歯科医院内での治療連携

    矯正歯科専門医院とは異なり、矯正治療に伴う抜歯や、むし歯・歯周病の治療、ホワイトニングといった一般歯科治療も提供できるので、当院のみで治療が完結します。
プロフィール
歯学博士・インプラント専門医
丸尾 勝一郎
Katsuichiro Maruo
  • 経歴
    1980年
    東京都世田谷区生まれ
    1999年
    私立駒場東邦高校卒業
    2005年
    国立東京医科歯科大学歯学部卒業
    2009年
    国立東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 インプラント・口腔再生医学分野修了(歯学博士)
    2010年
    岩手医科大学歯学部補綴・インプラント学講座 助教
    インプラント外来 医局長
    2012年
    米国ハーバード大学歯学部インプラント科 ITIスカラー・研究員
    2013年
    神奈川歯科大学大学院 口腔機能修復学講座 咀嚼機能制御補綴学分野 助教 総合診断科科長
    2015年
    同附属病院 診療科講師
    2017年
    同大学院 口腔統合医療学講座 補綴・インプラント学 講師 日本口腔インプラント学会専門医取得
  • 所属学会
    • 日本口腔インプラント学会 専門医
    • 日本補綴歯科学会 評議員
    • 日本デジタル歯科学会
    • 日本顎顔面インプラント学会
    • International Team of Implantology (ITI) Member
    • European Association of Osseointegration (EAO) Member
  • スタディ
    グループ
    • Interdisciplinary Team of Dentistry (ITD) 主宰
    • 一ノ塾 塾頭
    • Center of Implant Dentistry (CID) アクティブメンバー
歯学博士・矯正治療専門医
森田 淳平
Jumpei Morita
  • 経歴
    • 山形県出身
    • 山形県立米沢興譲館高等学校 卒業
    • 東京医科歯科大学 歯学部 歯学科 卒業
    • 横浜市立大学附属病院 歯科・口腔外科 研修医 修了
    • 東京医科歯科大学大学院 顎顔面矯正学分野 博士課程 修了
    • 東京医科歯科大学大学院 顎顔面矯正学分野 特任助教
    • 東京医科歯科大学大学院 硬組織疾患ゲノムセンター 特任助教
    • 九州歯科大学 歯学部 顎口腔機能矯正学分野 助教
  • 資格
    • 日本矯正歯科学会認定医
    • 歯学博士 (東京医科歯科大学大学院)