症例

症例
前歯の差し歯がとれ、歯根が割れていたため、抜歯と同時にインプラントを埋入し審美回復を行いました。
差し歯が取れたということで来院されました。検査をすると、残っていた歯根にヒビが入っており、破折していましたので抜歯となりました。抜歯後の治療としてインプラントを希望されました。
症例
下の第一大臼歯(6歳臼歯)が抜歯となり、インプラント+GBRで修復をおこない、同時に前後のむし歯の修復治療もおこないました。
右下の奥歯を他院にて抜歯し、数ヶ月間、インプラントにするかブリッジをするか悩んで当院にいらっしゃいました。ブリッジにした場合、将来的に手前の神経を取った歯の歯根が破折してしまうリスクをお話ししたところ、長期的に他の歯に迷惑をかけないインプラント治療を希望されました。
症例
骨がなく他院で断られた症例。右上奥歯をサイナスリフトとGBRによって骨造成を行い、インプラントによる咬合回復を行いました。
右上奥歯を抜いてからかなり長期間が経過し、骨がやせて薄くなくなってしまったため、他院でインプラント治療を断られた患者さんです。当院で骨造成術を併用したインプラント治療を希望されました。