シーラント

お母さん必見!6歳臼歯が生えてきたらシーラントでむし歯予防!!
大人の歯が生えてきたばかりの時期は、虫歯になりやすいことがよく知られています。一番のむし歯の好発部位は噛み合わせの面にある溝から広がります。その複雑な形をした溝をシーラントと呼ばれる材料で埋めることで、むし歯の発症を大幅にへらすことができます。6歳臼歯が生えてきたら、必ず一度受診することをオススメします。

目次

01.概要

i シーラントとは

永久歯の奥歯で一番早く生えてくるのは6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯です。6歳臼歯のかみ合わせの面には非常に深い溝があり、歯ブラシで清掃するのは大変困難なためむし歯になるリスクが高くなります。そのため行う治療がシーラント(プラスチック材料)とよばれるものです。シーラントを歯の溝に埋めることによって歯垢などの汚れが入ることを防ぎ、溝のむし歯予防につながります。
シーラント治療は歯を削ったり麻酔などする必要がなく治療時間も非常に短く小児にとっても負担が少ない治療です。
もちろんシーラント治療だけでは、歯間部や歯の面をむし歯から防ぐことはできないためセルフケアが重要であることに変わりはありません。

ii シーラントを行う時期

6歳以降で大人の奥歯が生え揃うまで(6歳臼歯のかみ合わせの面が全て見える時期)に行うのが最適です。

iii シーラントを行うメリット

溝の部分からむし歯になるリスクが大幅に減少します。

02.治療方法と時間

  • 01

    歯の清掃を行います。

  • 02

    歯の表面を綺麗にする薬をぬります。

  • 03

    水洗い、乾燥を行います。

  • 04

    シーラントを一層溝に流します。

  • 05

    シーラントを固める光を当てます。

*治療時間は1本につき5分ほどで終了します。

03.基本的な治療費用

保険適応内 1本約400円

04.三軒茶屋マルオ歯科のシーラント治療の特徴

  • 初診の検査をしっかりとおこない、全員に「お口の健康手帳」をお配りしています。
  • 小児治療を多く経験した歯科医師が担当しますので、安心してお子さんを預けていただけます。
  • 現在の状況と治療方法についてお母さんと一緒に、丁寧に説明をいたします。
  • 初診から定期メンテナンスまで責任を持って担当いたします。
  • 最新の材料と設備を用いて、お子さんの負担を最小限に留めるよう心がけます。