高品質インプラント

全く歯がない場合のインプラント治療
重度の歯周病で残っている歯全部がグラグラして抜歯をしなければいけない場合や、すでに総入れ歯をお使いで違和感や痛みに悩んでいる場合には、インプラントによって固定性の歯を装着することが可能です。それでは治療の流れを見ていきましょう。

目次

01.治療法の比較とメリット

歯が全くない場合の治療法は大きく分けて3つあります。

  • 固定性インプラント修復

    インプラントを4〜6本埋入し、それを支えに12本の固定性の歯を装着する方法です。取り外しは必要ありません。歯ぐきでは負担しないため、痛みがありません。

  • インプラント
    オーバーデンチャー

    2〜4本のインプラントを埋入し、入れ歯の裏側にアタッチメントをつけて、義歯を安定させる方法です。取り外しが必要ですが、総入れ歯に比べて義歯を小さくできます。また、歯ぐきへの負担が減るので、痛みも軽減されます。

  • 総入れ歯

    歯ぐきのみで入れ歯を支えるため、顎の骨が痩せると入れ歯が安定しなかったり、歯茎が当たって痛みが出ることがあります。

固定性インプラント インプラントオーバーデンチャー 総入れ歯
費用 レントゲンなど検査から保険適用外 レントゲンなど検査から保険適用外 ・保険適用
・入れ歯を薄くするには保険適用外
治療期間 約3〜6ヶ月 約2〜3ヶ月 約2ヶ月
手術 必要 必要 不要
異物感 ない ある ある
安定感 自分の歯と同じ 総入れ歯よりも安定 骨の状態によっては不安定

02.治療の流れ

  • 抜歯
    むし歯・歯周病・歯根破折などの理由によって抜歯を行います。
    場合によってはインプラント埋入時に抜歯することもあります。
  • 1ヶ月
    抜歯した部位の歯茎が回復するまで待ちます。
  • インプラント
    埋入手術
    ・CTなど各種検査後、治療計画についてインフォームドコンセント
    ・インプラントの埋め込みの手術を行います。
  • 2週間
    手術した部位の粘膜が治癒するのを待ちます。
  • 抜糸
    縫合した部分の抜糸をおこないます。
  • 3ヶ月
    インプラントと骨がしっかりと結合するまで待ちます。
  • 型取り
    仮歯のための型取りを行います。
  • 2週間後
    咬み合わせの採得
  • 2週間後
    仮歯の装着と調整
  • 数ヶ月
    セラミックブリッジの型取り
  • 2週間後
    セラミックブリッジのセット
  • メインテナンス
    インプラントの患者さまには、3ヶ月に1度のメンテナンスを推奨しています。

03.治療のリスク

i 上顎

上顎の場合、顎の骨の上に上顎洞(副鼻腔のひとつで、蓄膿症などで膿が溜まる場所)と呼ばれる空洞があります。そこにインプラントが突き抜けてしまうと、感染が起き上顎洞炎を発症するリスクがあります。そのため、骨の高さが不足している場合は「上顎洞底挙上術」という骨造成(移植)処置を行う必要があります。この骨造成には、高度な技術を要するため経験と知識が不可欠であり、インプラント専門医がおこなうことが推奨されます。

ⅱ下顎

下顎の骨の中には神経と血管が通っています。そこにインプラントのドリルが触れてしまうと、神経が損傷し唇の周囲の知覚が麻痺してしまいます。インプラント手術の前にはどんな場合でも必ずCTを撮影しますが、下顎の奥歯の場合は神経までの距離を正確に測定し、十分な安全域を設けて計画する必要があります。

04.手術について

手術は入院など必要ですか?
日帰り手術になりますので、入院などは必要ありません。静脈内鎮静法を行う場合は、少し休んでからお帰り頂きます。
手術時間はどのくらいですか?
骨の状態によって変わってきますが約60〜120分で終了します。
手術が怖いです
手術は局所麻酔で行いますので、術中に痛みを感じることは基本的にはありません。全く歯がない方へのインプラント手術では、静脈内鎮静法をお勧めしています。全身麻酔ではないのですが、少しぼーっとした状態になり、大変リラックスした状態で手術中を過ごすことが可能です。
術後、痛みや腫れはありますか?
歯ぐきを切開し、骨に穴を開ける手術なので、痛みは当日・翌日がピーク、遅れて術後2~3日後に腫れることがあります。痛みに関しては、痛み止めを飲んでも効かないという痛みではありません。骨造成をおこなった場合は、鼻の下まで腫れたり、場合によっては内出血のような青アザができたりする場合があります。通常、5〜7日後くらいから腫れや痛みは引いていきますが、内出血は1~2週間消えないことがあるので、人前に出たり旅行に行ったりという予定は入れないことをおすすめします。
術後の注意事項はありますか?
手術当日は、お酒・運動・お風呂につかる(シャワーは可)など血の巡りがよくなるような行動は控えていただきます。翌日からは普段通り生活していただいて構いませんが、あまり激しい運動などは2~3日控えた方が良いでしょう。手術をした部位でものを強く噛んだり、歯磨きは控えてください。また、手術直後は今まで使用していた入れ歯が入らなくなります。数日間、おかゆなど柔らかいものを召し上がっていただくようにしています。
術後の予定を教えてください。
当院では、鎮痛剤と抗生剤と一緒にうがい薬もお出ししていますので、翌日に消毒などで来院して頂く必要はありません。2週間後を目安に抜糸で来院していただきます。その後はインプラントと骨が結合するまで待つだけとなりますので、その次の来院は1ヶ月半後に上部構造(歯の部分)のための型取りまで来院して頂く必要はありません。

05.治療期間

インプラントの手術から約6ヶ月(抜歯から計算すると約7ヶ月)

06.費用

■(例)下顎に6本のインプラントを入れた場合
レントゲン検査(CT撮影・CT分析・術前術後の確認) ¥20,000
埋入手術 ¥250,000 x 6
仮歯 ¥50,000 x 12
上部構造(フルジルコニアクラウン) ¥150,000 x 12本
合計 ¥3,920,000
*価格はすべて税抜きです
*骨造成が必要な場合は、別途骨補填材の材料代がかかります。

07.付加的な治療オプションと費用

1.上顎洞底挙上術 サイナスリフト ¥180,000
2.上顎洞底挙上術 ソケットリフト ¥50,000
3.骨誘導再生術(GBR) ¥50,000
*価格はすべて税抜きです
*骨造成が必要な場合は、別途骨補填材の材料代がかかります。

08.三軒茶屋マルオ歯科のインプラント治療の特徴

  • 最新の歯科用CTを導入しているため、最低限の被曝でレントゲン検査を受けていただけます。
  • 全ての手術に対して、最新のシミュレーションソフトを用いて、
    インプラント手術計画を立案しているため、安心・安全な手術を保証いたします。
  • インプラント専門医による迅速かつ正確な手術をおこなうため、
    患者さんの手術の不安を最小限に抑えることが可能です。
  • インプラント治療専門医として、難症例に取り組んできた豊富な経験があります。
  • 最新のエビデンス(医学的根拠)に基づいて、治療をおこなっているため、
    他院よりも治療期間を短縮しておこなうことが可能です。
  • インプラント治療において、金属を使用する部分を最小限におさえ、
    金属アレルギーや金属の腐食による身体への悪影響のリスクを限りなくゼロにしています。
  • 世界最高峰レベルの技工所と提携しているため、
    見た目も機能も必ず満足していただけるセラミック上部構造を提供しています。