デンタルローンのご案内

01.デンタルローンとは

治療費の分割払いを可能にするシステム
デンタルローンは、高額の医療費を一括で支払えない場合や、治療期間内の支払い完了が困難な場合に、歯科医院とは別のローン会社と契約をしていただき、医療費の分割払いを可能にするシステムです。

02.デンタルローンの対象となる治療

デンタルローンの対象となる治療は全て自由診療であることが前提となります。なかでも以下のような治療がデンタルローンの対象となります。
・セラミック治療   ・矯正治療
・インプラント治療   ・精密入れ歯治療

03.デンタルローンの対象外の治療

見た目の改善など美容目的の治療は対象外となります。
・ホワイトニング
・セラミック矯正
 *セラミック矯正は、見た目の改善のために健康な歯を削りセラミックで歯並びを
 治す方法です。歯の寿命を著しく短くするため、当院では絶対にオススメしません。

04.デンタルローンの限度額

お客様のご要望に応じ、500万円までご利用いただけます。

05.デンタルローンの契約の流れ

  • STEP.1
    検査およびコンサルテーション後、治療計画の決定
  • STEP.2
    患者様ご自身で、デンタルーローンサイトにアクセスしていただきます。

06.デンタルローンの支払い例

治療内容 治療費 お支払い回数(例) 月々のお支払い 分割手数料
ジルコニアインレーまたは
ハイブリッドクラウン1本
¥60,000
(税込¥66,000)
12回 ¥5,634 ¥1,651
ジルコニアクラウン1本(臼歯) ¥100,000
(税込¥110,000)
18回 ¥6,331 ¥3,952
インプラント1本 ¥420,000
(税込¥462,000)
24回 ¥20,165 ¥21,953
マウスピース矯正 ¥780,000
(税込¥858,000)
36回 ¥25,522 ¥60,806

07.デンタルローンと医療費控除

デンタルローンでお支払いいただいた医療費も、医療費控除の対象となりえます。しかし、年間10万円までは医療費控除の対象外です。つまり、下の図のように72万円のうち控除対象額は「72万円−10万円=62万円」です。デンタルローンでのお支払いでは、ローン会社が立て替え払いをするので、一括払いと同じく医療費控除対象外となるのは1年分の10万円で、控除対象額は62万円です。

課税所得500万円、医療費72万円の場合

一方、現金分割払いは、同じ金額でも上の図の場合は3年にわたってのお支払いなので、30万円が医療費控除対象外の金額となり、控除対象額は42万円です。これは所得税のみでなく、住民税の控除対象額でもあるので、実質の節税はさらに大きくなります。
72万円の医療費をデンタルローンで24回払いでお支払いする場合の分割手数料は約35,000円なので、状況によっては現金分割払いよりお得になります。

08.デンタルローンに関するQ&A

Web事前審査申込み時に必要な書類はありますか?
ありません。正式申込み時には提携医院にて発行される「見積書」または「請求書」(押印があるもの)が必要となります。
連帯保証人は必要ですか?
原則、不要です。審査結果によって必要な場合もあります。予めご了承ください。
利用金額は自分の指定口座に振り込まれますか?
いいえ、振り込まれません。ご利用金額は、ジャックスから提携医院へ直接お支払い致します。
お支払い方法教えてください。
毎月、ご指定の金融機関からの自動引き落としとなります。
毎月の引き落とし日を教えてください。
毎月27日となります。また、27日が土日祝日等、金融機関の休業日の場合は、翌営業日になります。

09.三軒茶屋マルオ歯科におけるデンタルローンの対応

  • 治療前に必ずお見積もりを発行いたします。
  • 当院の受付で審査の申し込みが可能です。
  • 即座に審査結果がわかりますので、処置当日の申し込みが可能です。
  • 必ず明細書付きの領収書を発行いたします。
  • 手数料無料で一部繰り上げ返済が可能です。