最先端の医療機器

正確かつ安全にインプラント埋入を可能にするインプラントシミュレーションソフト
かつてのインプラント治療では、術前に撮影したCTの2次元的なフィルムを見ながら定規で長さを測定して、インプラントの長さや太さをアナログで決定していました。しかし、現在ではCBCTで撮影したDICOMデータをシミュレーションソフトウェアにインポートすることで、完全にデジタル上でシミュレーションすることが可能となりました。
当院では、使用するインプラントと同じストローマン社製(スイス)のシミュレーションソフトCodiagnostix®︎を用いて、全ての症例に対してデジタルシミュレーションを行っています。また、症例に応じては、サージカルガイドと呼ばれる、ガイドシステムを用いることにより、解剖学的なリスクをできるだけ少なく、かつ埋入予定位置にできるだけ正確にインプラント埋入するようにする場合もあります。