矯正

大人の歯がそろう前の矯正治療 でこぼこ 叢生
歯のでこぼこに対する治療
こどもの歯がでこぼこになることは稀ですが、こどもの歯の歯並びが隙間なく並んでいる場合、前歯が大人の歯に生え変わるとき(6〜8才ころ)にでこぼこになることが多いです。その頃に、一度、歯並びの検査をして、治療方針を検討することをお勧めしております。
その場合の治療について、説明致します。

目次

01.治療の目的と方法

歯のでこぼこの原因は、歯が並ぶためのスペース(顎の大きさ)が狭いか、歯が大きいかのどちらか、もしくは、両方です。

でこぼこの程度が軽度であれば、矯正治療をしなくても自然に改善する場合もありますので、経過観察をお勧めします。大人の歯がそろってからでも、部分的な矯正治療で改善する可能性が高いので、手遅れになることはありません。

でこぼこの程度が中等度の場合で、歯が並ぶためのスペースが十分にある場合は、簡単なマウスピースを使用することが多いです。

歯科矯正用のマウスピース

歯が並ぶためのスペースが狭い場合は、顎を拡大することを検討します。患者自身が取り外し可能な拡大床や、取り外しが不可能なW-type拡大装置、急速拡大装置など、様々な種類があるので、一人ひとりに合う装置を選択します。

拡大床
急速拡大装置

マウスピースも拡大装置も、おとなの歯をビシッと並べるための装置ではありませんので、ご要望に応じて、おとなの歯の矯正治療が適応になります。

でこぼこの程度が中等度〜重度の場合で、歯が大きく、歯が並ぶためのスペースが狭くない場合、顎を拡大しても改善しない、改善するほど顎を拡大できないと考えられるので、経過観察をお勧めします。おとなの歯が揃ったあとに、歯の大きさを調節したり、大人の歯を間引いたりを併用した矯正治療が適応になると思われます。

でこぼこの程度が重度の場合で、歯が大きく、歯が並ぶためのスペースが狭い場合は、顎を拡大することを検討します。しかし、この治療の目的は「歯のでこぼこの程度をマイルドにして、おとなの歯の矯正をやりやすくする」という意味合いが大きく、おとなの歯がそろう前の治療だけできれいな歯並びを獲得するものではありません。

でこぼこの程度 軽度 中等度 重度
歯が並ぶためのスペースが狭い 経過観察 拡大 拡大
歯が大きい 経過観察 マウスピース/経過観察 経過観察

02.治療の流れ

  • 初診
    院長が診察し、歯並びや咬み合わせ以外の問題が無いか確認します。
  • 歯科矯正相談
    矯正担当医が診察し、歯並びや咬み合わせでお困りのことを確認。予想される治療の概要を説明します。
  • 歯科矯正検査
    お口の中の写真、お顔の写真、CTを含むレントゲン写真の撮影、口腔内スキャナを使った型取りを行います。
  • 分析
    検査結果をコンピュータ解析し、問題点の抽出、治療目標、治療方法の検討を行います。
  • 歯科矯正診断
    分析の結果を説明し、患者様ひとりひとりに合わせた治療計画を提案致します。
  • 動的治療開始
    治療計画に同意いただければ、治療が始まります。
  • 保全
    メンテナンス
    ・保定期間中はおよそ3ヶ月毎に保定装置のチェックを行います。
    ・原則、動的治療後2年間は保定を行うことを推奨しております。
    ・保定期間中、保定終了後も、歯科衛生士による3ヶ月毎のメンテナンスを推奨しております。

03.治療のリスク

むし歯・歯周病
矯正装置を装着することで、歯磨きが難しくなり、むし歯や歯周病になる可能性があります。むし歯や歯周病になりやすい方や、上手く歯を磨けていない方は、矯正治療とは別に歯科衛生士によるメンテナンスを受けることを推奨しています。
歯ぐきが下がる
歯を動かすことで、歯の周囲の歯肉(歯ぐき)が下がって、歯の根が露出したり、歯と歯の間の隙間が目立つようになったりする場合があります。なるべく、そのようなことが起こらないように治療計画を立案しますが、もともと歯のでこぼこが著しい場合などは起きやすいです。見た目が気になる場合は歯周病専門医(歯肉を扱うスペシャリスト)と連携し、改善を図ることも可能です。
歯の根が短くなる
歯を動かすと歯の根(歯根)の一部が吸収されます。多くの場合は、問題となることはありませんが、もともと歯根が短い方や、通常よりも歯根が吸収されやすい方では問題となる場合があります。その際は、治療目標の変更を考慮する必要もあります。
顎の関節の症状
歯を動かしている間、一時的に咬み合わせが不安定になることがあります。それに伴い、顎の関節に負担がかかり、口を開けると音が鳴る、痛む、口が開けにくいといった顎関節症の症状が起こる場合があります。多くの場合は、治療が進み、咬み合わせが安定すると改善しますが、顎関節症の治療を要する場合もあります。
歯が動きにくい・動かない
歯の動きやすさには個人差があります。また、非常に稀ですが骨性癒着といって、歯が周りの骨と固着して動かない場合もあります。これらは治療前の検査で予測することが難しく、“動かしてみて分かる”ことも多いです。その際は、治療期間の延長や、治療目標の変更を考慮する必要もあります。

04.費用

1.歯科矯正相談料 初回 無料
2回目以降 ¥3,000
2.歯科矯正検査・分析・診断料 ¥20,000
3.歯科矯正施術料(保定装置料¥50,000含む) ⅰ 大人の歯がそろう前の矯正 ¥300,000
ⅱ 大人の歯の矯正
(歯科矯正用アンカースクリュー料含む)
表側に装置をつける矯正治療
¥650,000
裏側に装置をつける矯正治療
¥1,100,000
上の歯は裏側、下の歯は表側に装置をつける矯正治療
¥900,000
マウスピース矯正
¥780,000
ⅲ 部分的な矯正 前歯だけの部分的な矯正
(部分的なマウスピース矯正)
¥390,000
その他の部分的な矯正
¥30,000+¥25,000
×矯正装置を装着する歯の本数
裏側に装置をつける場合の加算
¥250,000
5. 処置・調整・観察料 ⅰ マウスピース矯正以外の動的治療中 1回 ¥5,000
ⅱ マウスピース矯正の動的治療中、成長観察、保定期間中 1回 ¥3,000

*価格はすべて税抜きです
*大人の歯がそろう前の矯正から大人の歯の矯正(部分的な矯正を除く)に移行した場合、大人の歯の矯正の施術料から大人の歯がそろう
前の矯正の施術料を差し引きます。

05.付加的な治療オプションと費用

i デジタルセットアップモデル(予測歯列模型)
大人の歯の矯正治療において、デジタルデータ上で歯を動かし、歯並びの仕上がりを予測する ものです。矯正治療に必須ではありませんが、治療法を検討するために目標設定のイメージを 見たい場合にはお選びいただけます。
¥15,000
ii 歯科矯正用アンカースクリュー
歯を効率的に動かすために顎の骨に埋める小さいインプラントです。使用することが望ましいと 考えられた場合に提案致します。大人の矯正治療の場合は、この費用は歯科矯正施術料に 含まれます。
1本 ¥25,000
iii 埋伏歯に対する開窓牽引手術
稀に大人の歯が様々な理由で埋まったままなかなか生えてこない場合があります。その際は、 部分麻酔による手術で、埋まっている歯に矯正装置を付け、矯正によって引っ張り出す(牽引 する)こともあります。
¥30,000
iv ハイブリッド矯正
(表側または裏側に装置をつける矯正治療とマウスピース矯正を組み合わせた矯正治療) マウスピース矯正が苦手とする歯の動かし方を、表側または裏側に装置をつける矯正治療で行って から、マウスピース矯正を行う治療です。それぞれの治療法の長所を活かした治療法です。
¥780,000
+部分的な矯正に準じた費用
*価格はすべて税抜きです

06.三軒茶屋マルオ歯科の矯正治療の特徴

  • 日本矯正歯科学会認定医が相談から診断、治療まですべて担当します。
    規模の大きい矯正歯科専門医院の場合、診療業務の一部を矯正歯科医ではないスタッフに任せることも多いようですが、当院では、矯正治療に関わることは、すべて日本矯正歯科学会認定医が行います。治療開始前でも治療中でも、不安なこと、疑問な点があれば、いつでも、日本矯正歯科学会認定医が対応致します。
  • 不必要な矯正治療はお勧めしません。
    特に、お子さまの矯正治療はとにかく早い時期から始める方が良いと勧めるクリニックも少なくないようですが、必ずしもそうではありません。早く始めすぎると治療期間が無駄に長くなることもあります。治療内容についても、目的や目標がはっきりしない「とりあえず拡大しましょう」「とりあえずマウスピースを使ってください」といった治療を提供するクリニックもあるようです。結果に満足頂ければ良いですが、期待と違った結果になるとトラブルになることも少なくないです。 当院では、治療時期・内容と目的について、それぞれメリット・デメリットを、科学的根拠(エビデンス)と経験に基づいて説明し、納得して頂いた上で治療を進めていきます。
  • 最新の歯科用CTを導入しているため、
    最低限の被曝でレントゲン検査を受けていただけます。
    治療前や治療効果判定のための検査に、低線量で撮影できる歯科用コーンビームCTを導入しています。従来、検査に利用されてきた頭部エックス線規格写真は、側方向きと前後方向の2回の撮影での被曝量が約10.7 µSvであり、一方、当院で導入しているCTの被曝量は約11 µSv(低被曝モードの場合)で、従来のエックス線検査で得られる情報以上の3次元情報が得られます。成長期のお子様でも、被曝のリスクを抑え、より有益な検査が可能です。
  • 最先端の口腔内スキャナを取り入れることで、
    不快な型取りをなくすことが可能となりました。
    口腔内スキャナの中でも最新かつ最も精度が高いと言われる3Shape社製(デンマーク)のTRIOS3を導入し、できるだけ患者さんの不快感を軽減し、かつ高品質な医療を提供しています。 従来の方法では、検査・診断のための型取りと装置を作るための型取りを別に行う必要がありましたが、口腔内スキャナによって、一度の型取りで済むこともあります。
  • 一般歯科医師と歯科衛生士、矯正歯科医がチームを組んで治療を担当するので、
    当院のみで治療が完結します。
    矯正治療中には、むし歯の予防、歯周病の管理、便宜的な抜歯など、矯正治療以外の歯科治療が必要になります。また、歯を失ってしまって、インプラント治療や入れ歯などの治療を行う前に、歯並びを整えたほうが良い場合も多いです。そのような場合、治療を担当する歯科医師や歯科衛生士間での情報の共有が重要です。 当院では、専門医が連携しインターディシプリナリーアプローチを提供しているため、ほとんどの場合、当院のみで治療が完結し、スムーズな医療の提供を可能にしています。