高品質インプラント

手術が怖い方向けの麻酔〜静脈内鎮静法〜
インプラント手術が怖い方や、全身的なご病気ある方、あるいはインプラントの本数が多い・大きな骨造成が必要な方には、静脈内鎮静法という麻酔をオススメしています。

目次

01.概要

インプラント治療を他の治療法と比較して、「手術が必要である」というデメリットがあります。誰でも手術は嫌なものですよね。
インプラント手術は通常、局所麻酔のみで行います。そのため、手術中は意識がはっきりしており、音や振動を感じます。また、術中は顔を清潔な布で覆うため、ちょっと不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。
静脈内鎮静法を行うことで、少しリラックスした状態になり、手術中の不快感が大幅に軽減されます。
リラックスして眠ってしまう方もいらっしゃいますが、全身麻酔と違って呼吸を止めたりすることはありませんので、入院の必要もありません。手術後は少し休んでいただき、しっかりと覚醒してからお帰りいただけます。

02.麻酔の種類と比較

局所麻酔 静脈内鎮静法 全身麻酔
術前の禁食・禁水 必要なし 必要あり 必要あり
術中の意識 はっきりしている ぼーっとしている 意識なし
術中の記憶 はっきり覚えている あまり覚えていない 全く覚えていない
術後の休息 すぐに帰宅可能 少し休む必要あり 入院が必要
術後の休息 可能 不可 不可

03.静脈内鎮静法に適している方

以下のような方は静脈内鎮静法に適しています
  • できるだけリラックスした状態で手術を受けたい方
  • 歯科治療に対して恐怖感をお持ちの方
  • 嘔吐反射(口の中を触られるだけで、オエっとなる)の方
  • 高血圧症や心疾患など、循環器系の持病がある方
  • 気管支喘息や肺疾患など、呼吸器系の持病がある方
  • 糖尿病などの持病があり、感染や治療後の治癒が心配な方
  • パニック障害など、環境の変化に対応するのが苦手な方
  • 大がかりな骨造成が必要な方
  • インプラントの本数が多い方

04.麻酔の流れ

■事前準備
  • STEP.1
    安全に治療を行うことを目的とした「全身管理問診票」をご記入いただきます。
  • STEP.2
    持病をお持ちの患者さんや、常用薬のある患者さんに対して、状況に応じて、内科医へ照会します。
    (お薬手帳をお持ちの方は必ずご持参ください)
  • STEP.3
    静脈内鎮静法を行う際の注意点についてご説明し、書面にてお渡しします。
  • STEP.4
    体調やオペ前の注意事項確認のため、治療前日にお電話をします。
■治療当日
  • STEP.1
    体調の確認および、血圧・脈拍数・体温を測定します
  • STEP.2
    前もって痛み止めと抗生物質を飲んでいただきます。
  • STEP.3
    オペ前のお口の中のクリーニングを行います。
  • STEP.4
    血圧計・心電図などの生体情報モニタを装着し、点滴で静脈内にお薬を入れていきます。
  • STEP.5
    手術終了後、十分に意識が回復するまで休んでいただきます。

05.費用

歯科麻酔専門医による静脈内鎮静法 ¥70,000
*価格はすべて税抜きです

06.軒茶屋マルオ歯科の静脈内鎮静法の特徴

  • 麻酔専門医による正確な術前診断と術中のコントロールを行います。
  • 心電図付き生体情報モニタを完備し、患者さんの全身状態の管理を正確に行います。
  • インプラント専門医による迅速かつ正確な手術をおこなうため、
    患者さんの麻酔時間を最小限に抑えることが可能です。
  • 手術は個室で行いますので、ゆっくり休んでから帰っていただけます。